Image
 

■ルミディータ化粧品メールマガジン 2017年04月04日号■
 
 
 
身体を温めて春の不調をスッキリ!
 
Image
 
 
本格的な春のはじまり
lineImage
 
 
こんにちは。ルミディータ化粧品のアケミです。
今日は二十四節気のひとつ、清明です。

関東はちょうど桜が満開になりましたが清明は「全ての生き物が生き生きと動き清く明るい空気が満ちる季節」とされ、本格的な春の訪れの時期と言われています。

Image
 
春不調の原因は?
lineImage
 
温かくなり始めましたが寒暖差が大きい季節。

春になると肩こりなどの体調不良を感じやすくなるそうです。その原因はコレ。

1:寒暖差
2:花粉症
3:環境の変化
4:スマホやPC(これは春に限りませんが)

Image
 
1:寒暖差
lineImage
 
春は寒暖差が激しい季節。一週間の内で気温差が15度もある年もあるとか!

ですが4月になるとファッションはすっかり春ですよね。素足にパンプス、トレンチコート、スプリングコートとどうしても薄着になりがち。

そのために冬より春の方が冷えやすいのです。

Image
 
2:花粉症
lineImage
 
花粉症はくしゃみやかゆみだけではなく、だるい、ぼーっとするなど集中力が落ちるためストレスを感じやすくなります。

ストレスを感じると血流が悪くなるため老廃物が溜まりやすくなり、余計に疲れやすくなるのです。

Image
 
3:環境の変化
lineImage
 
4月に入り新しい生活を送っている方も多いはず。自分自身に環境の変化がなくても周囲の変化もストレスになります。

新しい環境には緊張感が伴うため、「闘争と逃走の神経」と呼ばれる交感神経が優位になる状態が続くと血行障害が起きて末端まで血液が巡らなくなってしまいます。

Image
 
4:スマホやPC
lineImage
 
これは春に限ったことではありませんが、スマホやPCの長時間利用によって慢性的に姿勢が悪くなったり、目が疲れることも血流悪化につながります。

小さなことの積み重ねが大きな不調に繋がるのですね。

Image
 
カンタン!春不調解消方法
lineImage
 
日頃の積み重ね、寒暖差、環境の変化などからくる肩こりや春の冷え。

運動すればいいのは分かっているけどできない!という方のためにカンタンにできる春冷え改善方法をお伝えしますね。
 
 
 
 
目元を温める
 
 
目元を温めると、目のまわりの筋肉がほぐれて血めぐりがよくなるほか、自律神経のスイッチを切り替えて副交感神経を優位にすることで心身をリラックスさせる効果が期待できます。

私はお風呂上がりにレンジでホットタオルを作って目元に当てていますよ。カンタンだしじんわり温かいのが気持ちよいです。
 
 
 
 
 
足首・足指を回す、動かす
 
 
あまり意識して動かすことがない足指や足首。
お風呂で身体を洗う時に広げて指の間をもんだり、足首を回します。
指先を丸めてパッと開くという動作だけでも血の巡りがよくなって足が温まりますよ。
湯船の中で行ってもいいですね。
 
 
 
 
 
冷やさない工夫
 
 
冷やさないためには温めることが大切だけど、オシャレはガマンともいいます・・・
まだまだ朝夕が冷え込む季節なので薄手のカーディガンやストールで調整できるよう準備しておきましょう。

ファッションは「首・手首・足首」を見せるとスッキリ見えるといいますが、まだこの時期は全部の首を出していては冷えてしまいます。

首を出したら足首は靴下をプラスする、足首を出したらストールを巻くなどバランスを取りながらオシャレを楽しみたいですね。
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
毎日すこしずつの工夫で気分も身体も軽やかに過ごしたいですね。
 
Image
 
 
 
Twitter
 
Instagram
 
 
ルミディータ化粧品
〒167-0051
東京都杉並区荻窪3-47-18 第5野村ビル1003 
お問い合わせ info@lumidita.jp 
 
このメールはルミディータ化粧品でお買い物をしていただき、メールマガジンの受信を希望された方にお送りしています。

今後、弊社からのご案内をご希望されない場合は、大変お手数ですが以下のURLをクリックしていただき配信解除の手続きをお願いいたします。 
http://store.lumidita.jp/account/cancel